仕事でも使えるマインドマップの書き方

マインドマップを仕事にも活用|書き方|Mana-B

マインドマップとは?

マインドマップとは?

ロンドン生まれのビジネスコンサルタントであるトニー・ブザン氏が考案した、自分の考えを簡潔にまとめて整理する方法です。言葉を箇条書きにする一般的なノートの取り方とは異なり、まずは中心にテーマを配置し、そこから関連する言葉を放射状に広げていきます。

マインドマップは人間の脳の仕組みを最大限に活かすツールであるため、いち早く情報を整理し記憶することができます。また、情報を整理するだけでなく創造力・発想力も高まり、高度な集中力や直感力、観察力を養うことも可能です。

そのため近年では職種や業種を問わず、ビジネスツールとして広く活用されるようになりました。仕事でマインドマップを使うと、学んだ知識を仕事で効率良く活かしたり、新商品のアイデアが次々と湧いてきたりと、様々なメリットがあります。

マインドマップの基本的な書き方

マインドマップの書き方には、基本的なルールがあります。

マインドマップの基本的な書き方
  1. 紙とペンを用意します。
  2. 紙の中心に、課題やアイデアなどの「テーマ」を描きます。
  3. そのテーマから、線(ブランチ)を放射状に伸ばします。
  4. テーマに関連する言葉を連想し、線の上にその言葉を書いていきます。
  5. さらに放射状に線を引き、連想する言葉を書いていきます。

このようにして連想する言葉をどんどん書いていくのが、マインドマップの基本的なルールです。マインドマップに絵や記号などを使うと、個性や楽しさが加わり、記憶を再生する助けにもなります。また、たくさんの色を使うことで脳が刺激を受け、発想も膨らんでいきます。

マインドマップの書き方を詳しく知りたい方、仕事やプライベートで活用したい方は、Mana-Bにお任せ下さい。世界で12名しか認定されていない「Think Buzan公認シニアインストラクター」の資格を持つ講師が、マインドマップはもちろん、楽しんで読書ができるスピードリーディング(速読)、記憶力を高めるメモリー(記憶)の知識をフルにお伝えし、あなたの「脳力」にアプローチします。無料体験セミナーなども開催しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

マインドマップを読書や資格取得に【Mana-B】概要

サイト名 Mana-B
所在地 栃木県宇都宮市
電話番号 090-4365-1300
URL http://www.coconutcrusher.com/
説明 マインドマップ・スピードリーディングの講座、セミナーなら【Mana-B】へ。ノートの書き方が変わるマインドマップは、資格取得や読書にも役立てることが可能です。マインドマップを社員研修(新人研修・キャリア研修など)に取り入れれば、プレゼン能力の向上やアイディア出し、ブレストのまとめなど仕事に役立つスキルが身につきます。栃木で社員研修をお考えならお気軽にご相談ください。
氏名 安田真知子(やすだ まちこ)
屋号 Coconuts Crusher(ココナッツ クラッシャー)